トップイメージ
医療機器案内
デジタルレントゲン撮影装置
【コンピュータX線撮影器(CR)】
フィルム現像プロセスが不要なため、撮影直後に画像を確認することができます。
X線の照射量も少ないため、不要な被爆を防ぐこともできます。
★写真をクリックすると拡大します
   デジタルレントゲン撮影装置
【デジタル画像診断ワークステーション】
レントゲン画像だけでなく当院の超音波画像や、連携検査センターのMRI,CT,内視鏡などの画像データを保存しています。
★写真をクリックすると拡大します
   デジタルレントゲン撮影装置
【モニター 21インチ高精細LCD ×2台】
高画質2画面並立により、2方向撮影の同時把握、過去の画像との比較が正確にできます。
★写真をクリックすると拡大します
   デジタルレントゲン撮影装置
汎用心電図
心電図画像をデジタル記録していますので、過去の比較が容易です。
★写真をクリックすると拡大します
汎用心電図  
カラーデジタル超音波診断装置
<腹部>肝臓・胆のう・膵臓・前立腺・大血管など腹腔内の臓器を診断します。
<甲状腺>甲状腺だけでなく、頸動脈などの動脈硬化症の程度を判定できます。
<心>心臓の形や動き、血液の逆流などの異常を診断します。
★写真をクリックすると拡大します
超音波検査機  
自動血球計数装置
血球計算(白血球数、赤血球数、血小板数、白血球3分類)と CRP の同時測定が可能で,感染症や貧血の迅速な診断に非常に有効です。
★写真をクリックすると拡大します
自動血球計数装置  
動脈硬化検査装置
PWV(脈派伝達速度)、ABI(足関節上腕血圧比)を測定し動脈硬化を評価できます。
★写真をクリックすると拡大します
動脈硬化検査装置  
デジタルホルター心電図計
メモリカードにデジタル記録する24時間ホルター心電図計で、軽量・コンパクトです。
★写真をクリックすると拡大します
デジタルホルター心電図計  
超音波骨評価装置
超音波による、電離放射線が発生しない骨密度検査装置です。
★写真をクリックすると拡大します
超音波骨評価装置  
救急カート
救急蘇生備品、AED、生体情報モニターが備えられています。
★写真をクリックすると拡大します
救急カート  
医院へのアクセス

大きな地図で見る
地下鉄日比野駅3番出口より西へ進み、三つ目の信号(野立町1)を南へ曲り、一つ目の信号を越して100m